小山田 薫

自分らしく、イキイキと人生を楽しめるように、ココロとカラダの健康を応援します。専門は、呼吸法、マインドマップ、アサーティブネス、マンモグラフィです。好きなことは、旅、歩くこと、走ること、空を見ること、寝ること、片付け。好きなモノは、水族館、花、草木、雲、乗り物、メロン以外の果物、豆類。座右の銘は、笑う門には福来る

記事一覧(24)

潜在意識を開放する3ステップ

太陽と月のパワーで、「できない」を「できる」に! パステルアート、花文字、マインドマップで潜在意識を開放 すっきりと2017年の年末を迎えるためのスペシャル講座あなたは本当に好きなことをしていますか?
 
 まだその時期ではないと諦めてしまったり…
  好きなことをすることに罪悪感があったり…
  そもそも私は何が好きなのかわからない…
  そんなあなたのための講座です。
 
  この講座に参加していただくと、思わず行動したくなってしまいます。
 
  今あなたが、ただ毎日を無難に過ごすことで少し息苦しく感じたり、
  このままでいいのかな?って疑問を感じているのなら、 冒険してみませんか?
 
  とはいえ、人生で冒険するのは勇気がいります。
  でも、紙の上での冒険なら怖くない!
 
  パステルアートや花文字は、右脳を活性化し、心を自由にしてくれます。
  それをマインドマップで言語化することで、左脳ともリンクさせてゆきます。
 今までに見えなかったものを見える形にしてゆくのがマインドマップの得意技ですから。
 
  そんなアートとマインドマップを使えば、あなたの中の眠れる願望があらわれてきます。
  そして、思わず行動したくなります。
 
  だって楽しいこと、ワクワクすることに気づいたら、今のままではいられないですよね。
  初めての方でも大丈夫!
 
プロ4人が全力でフォローします。
 
  メンバーは、  パフォーマンスアーティストでパステルアート作家のMotokoさん    花文字作家の椿リコさん    マインドマップは高井真寿美と小山田薫がガイドいたします。 あなたの中の太陽と月のパワーを使って、心のブレーキを外し、
  「できない」を「できる」に変えてゆきます。
  そんな今までにない、アート体験を提供します。
 
  やりたいことを明確にして解放するだけでなく、
  しっかり行動し、スッキリした気持ちで
  クリスマスや年末を迎えませんか。

今食べているものは、今の自分に合ってる?

気温や気圧、湿度の変化の大きい春陽射しがきびしい、30℃の晴天の翌日に、20℃に届かない肌寒い曇天特に今年は、その変化が大きい気がしませんか?私のまわりにも、風邪をひいている人、なんとなく体調がすぐれないという人が多いように感じます。健康を保つには、休息(睡眠)、食事、運動が大切といわれますよね。 その中でも、気を付けたいのが食事免疫を上げる食材、便秘に効く食材、代謝を上げる食材など、テレビや雑誌などで、いろいろと紹介されていて、目にしない日はないくらい。以前は、テレビで紹介されると、翌日、その食材がスーパーからなくなるなんてこともありましたね。 でも、それが本当に、今の自分に合っているのか、疑問に思ったことはありませんか? 日本には四季があり、その季節ごとに取った方が食材があります。また、人のカラダも、季節や環境によって変化します。健康に良いと言われるからと口にしたものが、逆に体調を悪くすることもあります。 え!? じゃあ、何を食べたらいいの?と思いますよね。 それには、まず体質を知ることが必要です。そこから、より健康になるための食べ物や食べ方がわかります。 難しそうと思いますよね。でも、ご安心ください。漢方薬局で健康相談をされている高井真寿美さんが、優しく教えてくれます。それもマインドマップを使って。 第33回マインドマップスクエア「自分に合った食材と健康法をマインドマップで読み解く」少人数制ですから、個別の疑問・質問にも答えてもらえますよ。一緒に学んで、ジメジメした梅雨や暑い夏を乗り切るための食材と健康法を身に付けませんか。 詳細・お申し込みはこちら でも、疲れが溜まっている時には、食事より、まずは休息。呼吸法で自律神経のバランスを整え、カラダもココロも内臓も休ませてあげましょうね。

ほめ上手な先生のおかげで

アルバイトを始めた、うちの甥っ子朝起きるのは、家を出る10分前と、ギリギリですが、遅刻せずに行っています。 仕事は楽しいようで、時々、仕事の話をするようになりました。とは言っても、こっちから聞かないと、なかなか話しませんが。 薬も、信じられないくらい少なくなりましたよ。出戻ってから通院しているクリニックの先生が、とても合っているようです。 その先生、とってもほめてくださるんです。「この短期間に、こんなに薬が減って、アルバイトもできるようになったのは、素晴らしいです。」「あなたは、元々そういう力を持っているんです。」と。 甥っ子も、ほめられるとのるタイプなので、好循環。どんどん、良くなっていきます。 ほめ上手な先生と、ほめられ上手な甥っ子、いいですよね~。  でも、ほめるの苦手、ほめられるのも苦手って方も多いですよね。あなたは、いかがですか? ほめたり、ほめられたりが苦手な方のための講座を開催します。アサーティブネスの考え方とスキルをお伝えし、ほめ上手、ほめられ上手になっていただきます。 4月からの環境の変化が、ストレスとなって表れやすい5月家族や職場の同僚、友人、そして何より、自分をほめて、気分良く過ごしましょう。「ほめ上手、ほめられ上手になるためのマインドマップ活用法」 5月21日(日) 詳細・お申し込みは、こちら  →終了しました。  「超初心者のためのマインドマップ1日講座」 もあります。 5月14日(日) 詳細・お申し込みは、こちら  →終了しました。 先生は、甥っ子が調子にのりやすく、反動が大きいこともわかっていらっしゃるので、クギもさしてくださいます。これは、これで大切です(^^)

セレンディピティ ~ふとした偶然から幸運をつかみ取る能力~

このふとした偶然をきっかけに、幸運をつかみ取る能力を「セレンディピティ」といいます。想像もしていなかった偶然から人生が好転したり、本来探していたものとは別の素晴らしい価値があるものを見つけたりする能力のことです。「セレンディップの三人の王子」という童話が語源になっています。 例えば、ポストイット強力な接着剤を作ろうとしたところ、すぐにはがれて、何度でも使える接着剤ができてしまい、それを製品化したら大ヒット 例えば、X線レントゲン博士は陰極線(電子線)の実験をしていて、放電管から遠く離れたスクリーンが光っていることを見て発見しました。 ノーベル賞を受賞した田中耕一さんの高分子質量分析法の発見も偶然からの発見だそうです。  私にもあります。高校3年生の時、友人たちと大学合同説明会なるものに行きました。私は全く考えていなかった 駒沢短期大学友人たちが英文科と国文科の説明を聞きたいというので、私はそれを待つことに。ふと見ると、放射線科と書かれた紙が貼られた机の後ろに、暇そうな男性が一人。英文科と国文科は長い列ができているのに、放射線科には誰もいません。時間もあるし、ちょっと興味もあったので、話を聞くことにしました。合格したら、またその友人たちとも一緒に通えると受験。友人たちは合格できませんでしたが、私だけが合格。そのおかげで放射線技師になり、今の私があるのです。これってすごい偶然からの出来事だと思いませんか? このセレンディピティは能力ですから、意識して鍛えれば高くすることができます。セレンディピティの高い人は、ひらめき や インスピレーション といった、直観力 や 見抜く力 が高いです。簡単にいうと気づく力です。そして、それを実行する力、行動力があります。 「たなぼた-棚からぼたもち」という言葉がありますが、棚の上にぼたもちがあると見抜いて、棚の下に移動しなければ、落ちてきたぼたもちを手にすることはできないのです。 また、自然科学の分野では、「構えのある心」 すなわち 準備 それが、セレンディピティの大切なポイントだといわれています。 これらは広い視野によって、気づき、準備し、行動することが可能となります。 広い視野、バードビューとか俯瞰とかいいますよね。高い視点から広くを見渡す、それには心の余裕が必要です。せかせかしていたり、ギューギューだったりの心では、広い視野は難しいですよね。 まとめると、気づく力 (直観力や見抜く力)行動力 (実現する力)備える力 (準備する力)そして、広い視野そのためのココロの余裕そしてもうひとつ大切なもの 感謝の心  呼吸法、マインドマップ、アサーティブネスは、この「セレンディピティ」を高めるのに、有効なスキルです。セレンディピティを上げて、ますます幸運をつかんでいきましょう。(「セレンディップの三人の王子」に出てくるのは、ロバですが・・・)

過去の自分、未来の自分

今を大切に生きていますか?え? 普段、そんなことを考えて生きていないですよね。 うれしかったこと、悲しかったこと、楽しかったこと、悔しかったこと様々な経験全て(=過去)が、今の自分を作っています。でも、日常の生活の中で、ゆっくりと過去を振り返ることって、なかなかしないですよね。 そこで役に立つのが記録日記や手帳などを見返すと、その時の想いが蘇ります。私にとっては、ブログもその役割をしてくれています。ブログを書くために、遠い過去を振り返ることもありますからね。 では、未来はどうでしょう。ちょうど、この記事がFacebookで表示されました。「タイムカプセル・アンケートをみつけて 」 未来の自分へのメッセージこれもこういった機会がないと書かないですよね。何となく考えたり、ふと思ったりすることはあったとしても。 10年後の自分、5年後の自分そんな先のことはイメージできない?それであれば、1年後でも、半年後でもいいです。 今日は3月31日、年度末ちょうどいい区切りの日です。この週末にでも時間を作って、是非書いてみてください。ある意味、強制的に書くことも、時には必要ですよ。 過去の棚卸しにも、未来の夢や展望にも、マインドマップが有効です。自分を俯瞰するのに、呼吸法やアサーティブネスのスキルや考え方が役立ちます。そんな講座を開催しています。

新しい感覚